半泣き状態の妹をレイプする兄

四孕目のサブタイトルから、どう見てもお待ちかねの妹レイプ編だとわかり、読む前からテンションが上がってました。

この作品の1話以前に主人公には、超生意気な妹がいたのですが、見た目は美少女です。

だからこそ、次は孕ませられ役として登場するはずと考えていましたが、ここでようやくのご登場です。

4話の冒頭では、レイプが完全に浸透した事がわかる出来事がガンガン出てくるので、凌辱度が高いものが苦手な人は辛いかもしれませんね。

でも、ここまで読めている時点で、凌辱&レイプ好きだと認定されているので心配無用ですよね。

そんな訳でレイプ未遂に遭遇した妹、綾乃ちゃんが、半泣き状態で帰宅している所へ主人公が登場という胸アツな状況になります。

そこで初めてレイプ合法化について綾乃は知る事になりますが、ここでも生意気モードになったため、お約束の凌辱タイムがやってきます。

うん、まあ、このシーンを待ちかねた人は、きっと大勢いるはずですよね。

怯えて泣いている美少女を犯すとか、何という背徳的なシチュエーションでしょうかw

よくある妹モノとは、ちょっと違う話になっているのが特徴ですが、ここは実際に読んだ方が熱くなれますよ。